東京、埼玉で業界最安の家・ビルの解体工事
bottom-banner

お問い合わせ

電話でお問い合わせ
topimg topimg

ハウスメーカー・工務店利用の
プロ仕様・プロ価格

火災保険で解体

一見、何ともない建物でも、
火災保険で、100万円以上の請求が出来る場合があります

あなたが、
火災保険に加入していれば、
専門家が、建物の調査をすることで、

約8割の確率で、
平均 80万円程度
の修繕費を、
保険会社に請求することが出来ます。

家屋を修繕するための費用として、請求するわけですが、
おりた保険金で、修繕しないといけないという決まりはありません。

おりた保険金を、修繕に使わない場合、

※ 解体費全額がまかなえるわけではありません。

火災保険を請求できる仕組み

火災保険には、
火災の補償だけではなく、
通常、
風の被害による補償
雪の被害による補償
が付帯されています。

屋根などを調査すると、
多くの場合、

・瓦の破損
・といの破損

などがあり、それらの修繕費を請求することが出来ます。

自分自身で請求可能です

専門業者に依頼しなくても、
破損個所が見つかれば、自分で請求することが出来ます。

ただし、
経年劣化(通常使用での劣化)
の場合、保険金を請求することが出来ず、
どの部分が経年劣化で、どの部分が災害による破損か
を、説明することが難しいため、
請求をあきらめてしまうことがよくあります。

火災保険の請求が出来るかどうかを無料で、調査致します!

火災保険の請求が出来るかどうかを
無料で、現地調査致します。

火災保険の請求が出来る可能性がある場合、

成功報酬で、
保険会社に申請するための書類を作成し、
保険金がおりやすいよう、申請のお手伝いをさせて
頂きます。

保険金がおりてから、
おりた保険金の一部を、成功報酬として頂く仕組みです。

経験豊富な専門家による調査レポートで、
保険申請しますので、あなた自身が保険会社に請求するよりも、
多くの金額がおりる場合が多いです。

bottom-